このサイトでは、
Hello! Super Collection
超コレクション展の
出品作品にまつわる
99のものがたりを掲載しています。
作品と合わせてお楽しみください。
Twitterで展開中のみなさまの
「+1のものがたり」の中から、
いくつかの作品と
ご投稿も紹介してまいります。

大阪中之島美術館のコレクション形成史は1983年にスタートします。美術館構想の契機となった「山本發次郎コレクション」をはじめ、初期に寄贈を受けた「田中徳松コレクション」「高畠アートコレクション」をご紹介します。また、 1990年の美術館準備室の設置以降に積極的に収集してきた「大阪と関わりのある近代・現代美術」から、小出楢重、北野恒富、前田藤四郎、吉原治良の代表作などを展示します。

当館が誇る近代・現代美術の代表的な作品を紹介します。アメデオ・モディリアーニ《髪をほどいた横たわる 裸婦》のほか、マックス・エルンスト、サルバドール・ダリ、ルネ・マグリットら、シュルレアリスム(超現実主義)の作品がそろい踏み。ニューヨーク・アートシーンからマーク・ロスコ、フランク・ステラ、ジャン=ミシェル・バスキアなど、当館の目玉作品が並びます。

グラフィック作品と家具作品など約200点を一堂に紹介します。1859年デザインのミヒャエル・トーネットの椅子からアール・ヌーヴォー、ウィーン・ゼセッション、未来派、デ・ステイル、バウハウス、ロシア構成主義、アール・デコ、北欧デザイン、スイス・デザイン、イタリア・デザイン、オリンピック・ポスター、ポストモダンのデザインまで19世紀後半から1980年代までのデザイン史をたどります。家具やポスター、プロダクトのみならず、総合芸術運動であった前衛的なデザイン運動の流れをたどるべく、当館コレクションの絵画や写真もあわせて紹介します。

募集しています

「Hello! Super Collection 超コレクション展—99のものがたり―」展は、
皆さんの100個目のものがたりで完成します。

本展では、100個目のものがたりを募集しています。

A:本展出品作品について

どの作品かわかるように出品番号・作品名・作家名を併記してください。

B:大阪中之島美術館について

大阪中之島美術館の建物や施設、未来像についてなど、自由なテーマでお書きください。

下記2種類の方法でご参加ください。

1:Twitterで参加

ご自身のツイッターアカウントで「#100個目のものがたり」とハッシュタグをつけて、
100個目のものがたりをご投稿ください。
字数が足りない場合は、いくつかのご投稿に分けていただいてかまいません。

2:メールで参加

メールで99@nakka-art.jp宛に100個目のものがたりをお送りください。
本名またはニックネームをお書きの上、
400字以内(自作で未発表のもの)でお願いします。