中ノ島美術館ロゴ

中ノ島美術館ロゴ

検索範囲(複数選択可)

サイト内全検索コレクション検索展覧会検索イベント検索プレスリリース検索

EXHIBITION展覧会

一覧へ戻る

開館1周年記念特別展

大阪の日本画

2023-01-21 – 2023-04-02

先行チラシ

概要

大阪は商工業都市として発展を続けるとともに、東京や京都とは異なる文化圏を形成し、個性的で優れた芸術文化を育んできました。江戸時代からの流れをくむ近代大阪の美術は、町人文化に支えられ、伝統にとらわれない自由闊達な表現が多彩かつ大きく花開いたといえます。とりわけ大正から昭和前期にかけては画壇としての活動が隆盛を極め、北野恒富(きたの・つねとみ)、島成園(しま・せいえん)、菅楯彦(すが・たてひこ)、矢野橋村(やの・きょうそん)など、多くの画家が個性豊かな作品を生み出しました。

本展は、明治から昭和に至る近代大阪の日本画に光をあて、50名を超える画家による約150点の作品を展示します。また、作品が生まれた背景にも目を向けることで、個々の作品の魅力や画壇のあり方をより深く知るとともに、今につながる大阪の街の文化を浮き彫りにします。

展覧会情報

会期2023年1月21日(土) – 4月2日(日) 
*月曜日(3/20を除く)休館
開場時間10:00 – 17:00(入場は16:30まで)
会場大阪中之島美術館 4階展示室
主催大阪中之島美術館、毎日新聞社、NHK大阪放送局
協賛孔官堂、大和ハウス工業、フォーラムkaya新生社
助成令和4年度地域ゆかりの文化資産を活用した展覧会支援事業
観覧料一般  1700円(1500円)
高大生 1000円(800円)
小中生 無料

*災害などにより臨時で休館となる場合があります。
*税込み価格。カッコ内は前売料金および20名以上の団体料金。
*前売り券の販売期間は2022/12/1-2023/1/20。
*20名以上の団体鑑賞をご希望される場合は事前に団体受付フォームにてお問い合わせください。
*学校団体の場合はご来場の4週間前までに学校団体見学のご案内からお申込みください。
*障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は当日料金の半額(要証明)。ご来館当日、2階のチケットカウンターにてお申し出ください。(事前予約不要)
*一般以外の料金でご利用される方は証明できるものを当日ご提示ください。
*本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。
お問い合わせ大阪市総合コールセンター(なにわコール)
06-4301-7285
受付時間 8:00 – 21:00(年中無休)

みどころ

1. 大阪の日本画、史上初の大規模展本展の出品点数は約150点を予定。近代大阪の日本画が勢ぞろいする史上初の展覧会です。

2. 北野恒富、島成園、菅楯彦…躍動する個性が集結出品作家は約50名。人物画の北野恒富。女性画家活躍の道を拓いた島成園。大阪の文化をユーモラスに描いた菅楯彦。新しい南画を主導した矢野橋村など。大阪の街で生まれた個性が展示室を賑やかに彩ります。

3. 大阪中之島美術館 開館後初の日本画展2022年2月にオープンし、会期中1周年を迎える大阪中之島美術館で開催される初の日本画展です。大阪の新しいランドマークとなった美術館に、この地で育まれた珠玉の作品たちが再集結します。

関連イベント

詳細は後日、本ページにて発表いたします