中ノ島美術館ロゴ

中ノ島美術館ロゴ

検索範囲(複数選択可)

サイト内全検索コレクション検索展覧会検索イベント検索プレスリリース検索

EXHIBITION展覧会

一覧へ戻る

塩田千春 つながるアイ

2024-09-14 – 2024-12-01

本展公式X

本展公式Instagram

概要

塩田千春(1972年生まれ)の出身地・大阪で、16年ぶりに開催する大規模な個展です。現在ベルリンを拠点として国際的に活躍する塩田は、「生と死」という人間の根源的な問題に向き合い、作品を通じて「生きることとは何か」、 「存在とは何か」を問い続けています。本展は、全世界的な感染症の蔓延を経験した私たちが、否応なしに意識した他者との「つながり」に、3つの【アイ】-「私/I」、「目/eye」、「愛/ai」を通じてアプローチしようというものです。それぞれの要素はさまざまに作用し合いながら、わたしたちと周縁の存在をつないでいると考えます。インスタレーションを中心に絵画、ドローイングや立体作品、映像など多様な手法を用いた作品を通じて、本展が 「つながる私」との親密な対話の時間となることでしょう。

展覧会情報

会期2024年9月14日(土)– 12月1日(日)
休館日:月曜日、9/17(火)、24(火)、10/15(火)、11/5(火)
*9/16(月・祝)、23(月・祝)、10/14(月・祝)、11/4(月・祝)は開館
開場時間10:00 – 17:00(入場は16:30まで)
会場大阪中之島美術館 5階展示室
主催大阪中之島美術館、MBSテレビ、朝日新聞社
協賛ダイキン工業、DNP大日本印刷、竹中工務店、ハマナカ、リーガロイヤルホテル(大阪)
お問い合わせ大阪市総合コールセンター(なにわコール)
06-4301-7285
受付時間 8:00 – 21:00(年中無休)

みどころ

1. 新作や国内未発表作品を含む大規模なインスタレーション作品を展示 塩田千春の代名詞ともいえる、糸を使ったインスタレーション作品。 本展覧会では約1700㎡、天井高6mの会場を舞台に、5 – 6点のインスタレーション作品を発表します。

2. 塩田千春の生まれ故郷・大阪での16年ぶりの大規模個展 国内のみならず海外でも多数の展覧会を開催する塩田千春。 2008年以来、16年ぶりとなる待望の地元・大阪での大規模な個展です。

3. 本展覧会に寄せられたメッセージによる、インスタレーション作品を発表 「塩田千春 つながるアイ」への出展を目的に、現在「つながり」をテーマとして広く一般からテキストメッセージを募集しています。これらのメッセージを用いたインスタレーション作品を発表します。

出品作品

  • 塩田千春《巡る記憶》
    2022年 写真:サニー・マン ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota

  • 塩田千春《家から家》
    2022年 写真:サニー・マン ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota

  • 塩田千春《The Eye of the Storm》
    2022年 画像提供:バンコクアートビエンナーレ ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota)

作家紹介

Chiharu Shiota
Berlin, 2023
Photo by Sunhi Mang

1972年、大阪府生まれ。ベルリン在住。2008年、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。2015年には、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館代表に選ばれる。2019年、森美術館にて過去最大規模の個展『魂がふるえる』を開催。2020年、第61回毎日芸術賞受賞。また、アーマンド・ハマー美術館(2023年)、クイーンズランド・アート・ギャラリー/ブリスベン近代美術館(2022)、龍美術館(2021年)、ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ(2020年)、南オーストラリア美術館(2018年)、ヨークシャー彫刻公園(2018年)、国立国際美術館(2008年)を含む世界各地の個展のほか、国際展などのグループ展にも多数参加。

テキスト募集

本展の開催にさきがけ、みなさんのテキストをお寄せください。
テーマは本展がキーワードとする「つながる」。

塩田千春《The Eye of the Storm》
2022年 画像提供:バンコクアートビエンナーレ ©JASPAR, Tokyo, 2023 and Chiharu Shiota)

私たちは、私たちを取り巻くさまざまな人やものとつながっています。そのつながりは、あなたやわたしをかたちづくる要素のひとつとなっていることでしょう。あなたは何とつながっていますか?

本展にたくさんの「つながり」が寄せられることを祈って、テキストを募集します。
お寄せいただいたテキストは塩田千春によるインスタレーションに使用されます。

テキストは以下の規格でお寄せください。

規格

・A4サイズ、白色用紙(紙種、白色度は問いません。罫線入可。)
・表面のみ、1枚
・文字色自由
・言語自由

受付方法

・郵送
530-0005 大阪市北区中之島4-3-1
大阪中之島美術館 塩田千春展 テキスト募集係

・ボックス投函
大阪中之島美術館 2階 「塩田千春展」ボックス
毎日放送 1階「ちゃやまちプラザ」ロビー 「塩田千春展」ボックス(530-8304 大阪市北区茶屋町17-1)

・Web受付フォーム
こちらのフォームにご登録ください
*フォームに直接入力いただくか、Microsoft WordもしくはPDFファイルをアップロードしてください
*フォームへの直接入力の場合、文字サイズ、文字色は指定できません
*主催者がA4用紙(1枚)に出力します

受付期間

2024年7月31日(水)まで

その他

・年齢、性別、国籍をはじめ、個人の属性は問いません
・テキスト提供者のお名前等を本展に関連する広報物、掲示物に掲載することはありません
・テキストは無償でご提供いただけるものに限ります
・ご提供回数に制限はありません
・ご提供いただいたテキストの返却はできませんのでご了承ください
・お寄せいただいたテキストの著作権は、ご提供と同時に主催者へ委譲いただいたものといたします
・お寄せいただいたテキストに個人情報が含まれる場合、作品の中で公開される旨、ご了承ください
・お寄せいただいたテキストについてのお問い合わせはご遠慮ください